測定者養成プログラム

今のしるみるの様子です。
測定器には、温度補正ユニットが追加されました。
温度変化に弱いため、温度補正がされることでより安定した測定ができるようになりました。
また、測定器下部には鉛を置いたため、バックグラウンドが下がりました。
念のため、まわりに水を入れたペットボトルを置いています。
ただ、測定精度の向上はある程度でいいと考えています。
この測定器で測定できる精度には限界があり、それ以上の精度が必要な場合は、より精度の高い測定器で計ればよいからです。

そもそも、何のために計るのかがとても重要だと思います。
放射能に対してのきちんと理解を深める学習をし、それぞれが自分なりの基準を持てることが理想です。

今、しるみるではスタッフの測定者養成プログラムを実施しています。
実際に測定しながらいろんなことを学んでいます。
今後、もうすこし広いかたちで測定体験プログラムを実施したいと思います。
自分で測定してみることでわかることがたくさんあります。
告知させていただきますので、興味を持たれた方はぜひお越し下さい。


スタッフ 中川

 

新着記事をメールにお届け

アーカイブ

なばり放射線測定所 しるみる

nabari.sirumiru@gmail.com